スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)

 日米両政府は28日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設に関する共同声明を発表した。移設先を米軍キャンプ・シュワブがある名護市辺野古崎地区と隣接する水域とし、1800メートル(オーバーランを除き1600メートル)の滑走路を建設すると明記した。鳩山由紀夫首相は28日朝、オバマ米大統領と電話で会談、日米合意の着実な実施を確認した。一方、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は、午後に開かれる閣議での了解を拒否する考えで、福島氏の罷免は必至の情勢だ。

 会談で鳩山首相は「日米の合意を歓迎する。地元の理解を得つつ代替施設建設や沖縄の負担軽減に向け、日米間で協力していきたい」と述べ、オバマ大統領も「首相の努力に感謝する。日米双方でさらに努力していこう」と応じた。

 代替施設の詳細な位置・工法は8月末までに確定。現行計画の環境影響評価(アセスメント)について「著しい遅滞がなく完了できる方法を確保する」としており、ほぼ現行計画通りに埋め立てる形となりそうだ。9月に想定される外務、防衛担当閣僚による次回の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で確認することにしている。

 共同声明は、普天間代替施設を念頭に、米軍と自衛隊の共同基地使用を打ち出した。米軍訓練の県外移転を拡充するとし、適切な施設の整備を条件に、鹿児島県・徳之島の活用を明記した。訓練移転先には国内の自衛隊基地、グアムなど国外も挙げた。

 沖縄の負担軽減策として、環境事故発生時や基地返還前の米軍施設・区域への日本側の立ち入りを可能とする合意を速やかに検討するとした。沖縄本島の東部沖にある米軍訓練水域の一部返還のほか、(1)米軍嘉手納基地以南の施設・区域の返還(2)沖縄の米海兵隊約8千人のグアム移転(3)県外訓練拡充による嘉手納の騒音軽減−も列記した。

                   ◇

 【日米共同声明のポイント】

 一、普天間飛行場の代替施設の滑走路は1800メートルとし、沖縄県名護市のキャンプ・シュワブ辺野古崎地区と隣接する水域に設置。

 一、代替施設の位置と工法の検討は8月末までに完了。

 一、現行計画の環境影響評価の手続きを著しく遅らせない。

 一、鹿児島県・徳之島を含め海兵隊など在沖縄米軍の県外への一部訓練移転拡充。グアムなど国外移転も検討。

 一、外務、防衛担当閣僚による次回の日米安全保障協議委員会までに移設計画を確認。

 一、沖縄本島東にある米軍訓練水域の一部を返還。

「国民の積極姿勢、変わらない」=裁判員の名付け親講演―制度1年(時事通信)
あかつき打ち上げ 地球の姉妹星探る 大気成分、風向きなど明らかに(産経新聞)
口蹄疫 政府、防疫を軽視 初動遅れ、感染拡大(産経新聞)
首相は辞任を=公明・山口氏(時事通信)
スパイダーマン姿で強盗=牛丼店で3万円奪う―水戸(時事通信)

B型肝炎訴訟 国が和解協議入り 具体策は「7月上旬」(産経新聞)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして全国10地裁で患者ら420人が国を訴えた集団訴訟のうち、和解勧告が出ていた札幌地裁(石橋俊一裁判長)で14日、口頭弁論が開かれ、国側が和解協議に入ることを正式表明した。

 一連の訴訟で和解協議入りは初めて。長妻昭厚生労働相は同日、和解協議について「誠実に対応していきたい」と話し、その後、原告側と面会する意向を示した。

 与党側から面会を求める声があり、閣僚としては長妻厚労相1人が対応するという。弁護団によると、18日夕に面会する方向で調整している。

 ただ、「救済範囲や補償額など議論が尽くされていない」とする国側は、原告側が要求した具体的救済策の提示を行わず、裁判所外の直接協議も拒否した。弁護団によると、国側は具体的救済策は「7月上旬にならないと示せない」としたという。

 早期全面和解を求める原告側は国の態度に「実質的な先延ばし」と反発。国と原告の主張に大きな隔たりがあることなどから今後の協議は難航が予想される。地裁は次回進行協議期日を6月21日に指定、それまでに国に救済案を示すよう促すとともに、和解協議期日を7月6日に指定した。

 長妻厚労相は和解時期について、「早くしなければいけないことは十分理解している」としながらも、「広がりのある問題で、期日の見通しを言える時期ではない」とした。

 鳩山由紀夫首相は14日、B型肝炎訴訟で国側が賠償額を示す時期について、「国民の理解をいただくプロセスが大事だ。時間がかかる。いつまでにということは申し上げる状況にない」と、期限を設けない考えを示した。首相官邸で記者団に述べた。

【関連記事】
B型肝炎訴訟 「長男成人するまで生きられるか」救済策一刻も早く
B型肝炎訴訟 原告代表「もう待てない」…廷内に響くすすり泣き
B型肝炎訴訟 長妻厚労相 「議論尽くされていない論点多い」
B型肝炎訴訟で閣僚会合 救済範囲など検討
B型肝炎訴訟 和解勧告に対応定まらぬ国 憤る原告「時間ない…」 
少子化を止めろ!

<口蹄疫>早期から拡大か 3月には水牛に症状 宮崎(毎日新聞)
<普天間移設>政府原案「辺野古周辺」明記(毎日新聞)
<普天間移設>社民、閣議了解せず 「5月末決着」に異議(毎日新聞)
ペコちゃん連続窃盗犯に懲役5年…和歌山地裁(読売新聞)
<着服>愛知高速交通の元主幹を懲戒解雇(毎日新聞)

JR埼京線で人身事故、全線で運転見合わせ(読売新聞)

 6日午後8時42分頃、JR埼京線板橋駅で人身事故が発生した。この影響で、埼京線は全線で運転を見合わせている。

長塚京三さんも被害… 東京・台場のホテルで計19台車上荒らし(産経新聞)
谷氏「麻生前総理の時にスポーツ省創設の話をさせていただいた」(産経新聞)
<カキツバタ>しっとりと鮮やかに 愛知・無量寿寺で見ごろ(毎日新聞)
元名人の猫餌やり訴訟で判決へ=集合住宅で管理組合訴え−東京地裁支部(時事通信)
<御柱祭>柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)

収集欲高じガン改造?警部補宅から器具押収(読売新聞)

 殺傷能力のある違法な改造モデルガンを所持していたとして、福岡県警捜査1課警部補の岡田好典容疑者(46)が銃刀法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕された事件で、容疑者宅の捜索で見つかったほかのモデルガンは真ちゅう製の旧式で十数丁あったことが、捜査幹部への取材でわかった。

 同庁は、改造に使っていたとみられる器具も容疑者宅から押収。同庁は、収集欲が高じて違法なモデルガンを購入したり改造したりしていたとみている。

 岡田容疑者は4月15日午前8時25分頃、自宅リビングに改造モデルガン1丁を木箱に入れて隠し持っていた疑いで、21日に逮捕された。米国製「ミリタリーアンドポリス」と呼ばれる拳銃を模造したモデルガンで、実弾を発射できるよう改造されていた。

 捜査幹部によると、岡田容疑者は「改造モデルガンは収集家仲間から買った。中学生の頃から旧式のモデルガンに興味があった」などと供述しているという。逮捕容疑となったモデルガンは収集家の間では「あこがれの品」だったという。

 また、捜索で見つかったモデルガンも実弾が発射できるよう改造された形跡があった。同庁で殺傷能力について鑑定を進めている。

舛添新党「交付金目当て」改革ク内から反発(読売新聞)
陸山会事件 小沢幹事長「起訴相当」の議決 検察審査会(毎日新聞)
盗撮の元富山県警警部補に罰金50万円(読売新聞)
ソニー、スカパー サッカーW杯を3Dで放送 6月19日から (産経新聞)
舛添氏との連携「一切ない」=鳩山首相(時事通信)

保育園で36人食中毒、4歳児が一時入院(読売新聞)

 群馬県は19日、吉岡町第四保育園(吉岡町漆原)で2日にサルモネラ属菌による食中毒が発生し、園児29人を含む1〜70歳の男女36人が下痢や発熱症状を訴え、うち4歳の男児が一時、入院したと発表した。

 いずれも快方に向かっているという。給食が原因とみられ、県は保育園に19日から3日間の調理業務停止命令を出した。

 県衛生食品課によると、保育園が提供した給食のうち、全員が食べたホウレンソウのゴマあえにサルモネラ属菌が付着していたとみられる。菌は、加熱不十分な食肉や鶏卵、これらの加工食品に含まれることがあり、調理過程でゴマあえに移った可能性が高い。

 保育園からの報告は13日で、発生から10日以上も経過していた。県は全保育園に対し、速やかな報告を求める通知を出す方針だ。

ホワイトビーチ案断念=普天間移設、徳之島が軸に−政府(時事通信)
常磐線 特急と軽ワゴン車衝突、自営業者重傷 茨城・日立(毎日新聞)
日欧線は210便欠航=火山灰で−国交省(時事通信)
<東北新幹線>八戸−新青森駅間で走行試験(毎日新聞)
首相動静(4月14日)(時事通信)

【近ごろ都に流行るもの】大人の女性の靴下 優雅に美脚彩る(産経新聞)

 丈夫さや保温性など実用面が重視され、ドレスアップの対極にあると思われていた靴下に異変!? 大人の女性の足下を彩っている。

 昨秋行われた、2010年春夏コレクションのリポートを見て、モデルの脚に目がくぎ付けになった。透けるラメの靴下がエレガントな「ディオール」、ふくらはぎが開いたハイソックスがスポーティーかつセクシーな「アレキサンダーワン」…。「バーバリープローサム」「マルニ」「エルメス」など影響力のあるブランドが多数、靴下を導入していた。モデルの美脚がまとう布の魅力に、はたと目からウロコが落ちる。靴下とは、実に女性的な魅力を演出できる小道具なんだと。

                   ◇

 コレクションから半年。この春の靴下売り場は花が咲いたようににぎやかだ。「2月に発売したシースルーラメの新作が爆発的な人気。品切れでご迷惑をおかけしております」と頭を下げるのは、靴下の製造小売り「タビオ」広報の手塚莉恵さん。この3月、全国269の直営店で女性用靴下の売り上げが前年比13%伸びた。「流行に敏感な女性が多い東京の店では、さらに伸びが顕著」という。

 そんな店のひとつ「靴下屋」代官山店(東京都渋谷区)を訪ねてみる。ヒット中のシースルーラメ靴下(1000〜1200円)は7デザインで各6〜7色あるが、うち店頭に残っているのは半分ほどだった。そのなかで私はシックなカーキ×ゴールドを購入する。薄く柔らかな生地がハイヒールに合いそうでうれしい。去年まで夏場は生足、それが許されそうもない場ではストッキングを履いてガマンしきたが、今年はこんな“大人の靴下“で涼しく過ごせそう。

 「繊細なキュプラ糸を使っているので、ひっかけるとすぐダメになってしまいます。注意してはいてくださいね」と店員さん。これを機に乱暴な動作を改めたい。

 ラベンダー色の最後の一枚を購入していたオシャレな女性会社員(29)は、すっかりこの春靴下の魅力にハマっているという。「靴と同系色でまとめるのも無難でいいと思うけど、私は反対色の差し色でアクセントを付けるのが好き。靴下ひとつで印象が変わり、服の着こなしの幅が広がります」

 単価の安い靴下には、さまざまなデザインや色柄を気軽に試せる魅力がある。すべて日本製で1000円前後の商品が約250種そろう同店では4割近くの客が複数買いという。「森ガールといわれるナチュラルでフェミニンな重ね着スタイルが流行していますが、足下にも重ねばきが広がっていますね」と前出の広報、手塚さん。

 一方、老舗の「福助」では、トレンカの下部を切って靴下にしたような変わり種、トレンカソックスが20代OLらに好評だ。「これまで靴下は、カジュアルになりすぎたり子供っぽく見えたりで、大人の女性のファッションアイテムとして広がらなかったが、トレンカソックスは素材感やデザインがハイヒールに合わせやすく大人っぽい。ファッション誌の評判も上々で、ヒール靴とのコーディネートの紹介などが掲載されはじめたところです」と、同社マーケティング部の樋口遵子さん。

                   ◇

 3月に行われた、2010〜11年秋冬東京コレクション「ケイタマルヤマ」のショーでもカリスマモデルの冨永愛らが靴下をはいていた。重厚なコートやミニドレスから伸びる装飾された脚が、蠱惑的な夢の世界にいざなうようだ。戦後のストッキングの普及とともに、装いの場から消えて久しかった女性の靴下。だからこそなのか!? レトロと新鮮が同居するラグジュアリーな脚に、非日常の妖艶な魅力がみえた。(重松明子)

<強風>東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)
【高速道路新料金割引】 四国料金問題「見直すつもりない」…前原国交相(レスポンス)
野菜高騰 スーパーは出血覚悟の「大放出セール」(毎日新聞)
<特急しなの>タヌキはね遅れ 愛知・春日井(毎日新聞)
<虐待>同居の4歳女児殴る 26歳の男を容疑で逮捕 大阪(毎日新聞)

「いつか3人で宇宙旅行」=山崎さんから家族に初メール(時事通信)

 【ヒューストン時事】いつか3人で、宇宙旅行を−。スペースシャトル「ディスカバリー」に乗り組んだ山崎直子さん(39)から家族あてに初めてメールが届いた。夫大地さん(37)が簡易ブログ「ツイッター」で明らかにした。
 ツイッターによると、メールの着信は8日午後(日本時間9日午前)で、大地さんと長女優希ちゃん(7)にあて「たいち、ゆうき宇宙からの初めてのメールです」という書き出しでスタート。7日午後の「ウェークアップ・コール」については「宇宙でラピュタの曲を聴いて感動した」とあった。
 メールは続けて「宇宙酔にぜんぜんならず、初日から元気に動けていて、みんなに驚かれています。いつか3人で宇宙旅行したいです。宇宙から宇宙一の愛をこめて…なおこ」と結ばれていた。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔写真特集〕月面着陸から40年 アポロ11号

日中関係への影響懸念=千葉法相(時事通信)
休校・学級閉鎖がゼロ=新型インフル流行後初−厚労省(時事通信)
東京スカイツリー 全盲の歌手が「音頭」歌う がんと闘い(毎日新聞)
雑記帳 龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎(毎日新聞)
<伝統薬>都内にショップ 薬事法改正で老舗結束(毎日新聞)

米子−名古屋間の航空便存続ピンチ(産経新聞)

 10月末での運航休止が全日空から打診されている米子−名古屋便について、鳥取県の平井伸治知事は7日、運航継続が厳しい状況にあるとの見通しを明らかにした。平井知事は9日、愛知県の副知事とともに東京の全日空本社を訪れて運航継続を要望する。

 運航休止の打診は搭乗率の低迷などを理由に3月10日にあり、県は同16日、藤井喜臣副知事らが米子市や境港市、島根県などの関係者らと全日空を訪れて継続を求めていた。

 同便は昨年4月、それまでの1日2往復が1往復に減便。11月にダイヤが夕方に変更されたことなどから搭乗率が低下し、12月は28・4%に落ち込んでいた。

 ダイヤは県の要望などで1月からやや早まり、利用キャンペーンの展開などもあって、搭乗率は1月30・8%、2月43・3%、3月56・2%と回復している。

 ただ、10月31日での運航休止の場合、全日空から国土交通省への届け出期限が今月30日に迫っていることから、県は運航継続について「楽観はしていない」としている。

【関連記事】
全日空・伊東社長に聞く 国際・国内を一元化 業務や人材の効率化進める
全日空、国内・国際線の一元化で効率化推進
全日空、貨物子会社2社を7月統合
日航、全日空 コスト削減へ小型機導入活発化 高速度・低燃費 搭乗率も改善
出るのは水かお茶…機内サービス“悲しい変化”の中身
「中国内陸部の資源事情とは…?」

前原国交相、キャリアの卵に入省アピール(産経新聞)
<将棋解答>第1301回 解答(毎日新聞)
<火災>深夜、住宅密集地から出火、5棟焼く 名古屋・南区(毎日新聞)
父「刺すなら刺せ!」で娘が本当に刺した(スポーツ報知)
重度障害者 脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)

<患者骨折>元看護師を再逮捕…別の女性への容疑 兵庫県警(毎日新聞)

 佐用共立病院(兵庫県佐用町)で高齢の入院患者6人が肋骨(ろっこつ)を折られた事件で、県警佐用署などは4日、うち1人を骨折させたとして起訴された佐用町山脇、元看護師、羽室沙百理(さおり)被告(26)=懲戒解雇=を別の女性患者1人に対する傷害容疑で再逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、昨年1月17〜19日の間、同病院に入院していた女性(当時88歳)の胸を手で圧迫するなどの暴行を加え、肋骨4本を折る全治6週間のけがをさせたとしている。女性は同年7月に死亡した。

 羽室容疑者は今年3月11日、女性患者(当時85歳)への傷害容疑で逮捕され、神戸地検姫路支部が今月1日に傷害罪で起訴している。

【関連ニュース】
傷害:別の患者骨折容疑で元看護師を再逮捕へ…兵庫県警
患者骨折:カメラ設置後被害なし 看護師、体制強化察知か
患者骨折:胸部を強く圧迫か 逮捕の元看護師
患者6人骨折:看護師を傷害容疑で逮捕 兵庫の病院で
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:カメラ設置後被害なし 元看護師、体制強化察知か

犬山祭 満開の桜の下で開幕 客を魅了、車山13両 愛知(毎日新聞)
「台風の目」になれるか 与謝野氏離党で新党結成の動き加速(産経新聞)
日本人の死刑執行さらに3人、中国が通告(読売新聞)
<消費者基本計画>食品表示一元化検討へ 政府、閣議決定(毎日新聞)
<ソメイヨシノ>東京で満開…平年より4日早く(毎日新聞)

【悠々往来 ローカル線の魅力】「水間鉄道」 参拝客を運び80年(産経新聞)

 ■うどん業者の支援…随所にサービス精神

 かつて紡績業で賑わった大阪府貝塚市。新興住宅地と旧市街地、田畑が混在する町を走る水間鉄道は、厄除け観音として知られる水間寺への参拝客を運ぶため大正時代に開業した。80年以上を経た今、その役目は通勤、通学、買い物など地域の交通手段に変わった。大阪近郊の、小さな鉄道の魅力を探った。(文 藤谷茂樹)

 乗り込んだ列車は貝塚駅をそろりと発車した。東急電鉄から譲り受けたステンレスボディーの元7000系。単線の鉄路は、民家や商店の塀スレスレに敷かれている。直進に入ってやっとスピードが出たと思うと、次の貝塚市役所前駅に到着した。

 終点までわずか15分。だが停車駅が多いためか、和泉の山々が間近に迫っているせいか、意外と遠くに来た感じがした。

 到着した水間観音駅の駅舎を見上げると、五重塔のてっぺんにある「相輪」が屋根から突き出している。水間寺の三重塔にあやかった大正15年築の駅舎で、平成11年に国の登録有形文化財に登録された名駅舎だ。

 水間寺では泉佐野市の無職、野田隆さん(70)が本堂で手を合わせていた。「よく家族の厄除けを願います。今日は古札を納めに来ました」。奈良時代に、聖武天皇の命で行基が開山した水間寺の本尊は観音様。行基が観音様を天皇に捧げたところ、天皇の病が治ったのが厄除け観音の由来だという。

 正月三が日には数十万人の参拝客を運ぶ水間鉄道だが、近年は自動車に押されて利用客を減らし、茨の道を歩んできた。そして平成17年に会社更生法適用を申請。経営立て直しと運営に名乗りを上げたのが、うどんなどの外食チェーンを展開する「グルメ杵屋」(大阪市住之江区)。日本一のうどんどころ香川県もびっくりの、日本で唯一うどん業者が経営支援する鉄道会社の誕生だ。

 随所に杵屋らしい工夫を凝らす。貝塚駅の改札脇にある大きな窓は、駅員が働いている姿が見えやすいよう改良した。うどんを打つ職人の姿を見せる、杵屋得意のサービスにつながる工夫だ。

 水間鉄道の坂本昌佑運輸部次長は「駅員は小さな窓から手を出し切符を売るというイメージでした。中を見せることでお客さんとの距離が近づき、働いている姿が見えるので駅員もテキパキと仕事をこなすようになりました」と話す。

 電車内で落語会を開くなどユニークなイベント展開もスタートさせ、イベント時や年末年始に水間観音駅でうどん、そばを販売し始めた。好評だったことから、昨年末に電車をあしらった紙製ケースを作ってうどんを販売したところこれも人気になったとか。

 もちろん駅舎の改修や自動列車停止装置(ATS)の導入にも取り組んだ。グルメ杵屋の森田徹専務は「ATS設置は、経営難で遅れていましたので真っ先に取りかかりました」と振り返る。

 ◇ 

 寺の境内に「お夏清十郎の墓」があった。南北朝時代、身分違いの許されない恋をした2人が互いを思う強い気持ちで最後は結ばれる物語。墓前のプレートに正岡子規の「契らばや 君は赤 われ白椿」が添えられていた。2人を詠んだ句ではないが、仲むつまじい姿が思い浮かんだ。

 そして戻った水間観音駅で、構内の端にクリーム色の電車が展示されているのを見つけた。昭和50年代に活躍した、南海電鉄から譲り受けた501形だ。大きな車体は役目を終えて骨休めしているように見えた。水間鉄道のおかげで、様々な時代を感じる時間旅行ができた気がした。

                   ◇

 約1年にわたって掲載した悠々往来は今回で終了します。

<普天間移設>「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相(毎日新聞)
「モデル面接」の20歳女性に乱暴の容疑で芸能プロ経営の男逮捕 「合意の上」と否認(産経新聞)
<酒気帯び>容疑で自衛官逮捕 乗用車に追突 山口・宇部(毎日新聞)
遺体取り違え解剖=公表せず−東京都監察医務院(時事通信)
群馬県警で新発売“パトカーだるま”人気(産経新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
債務整理 無料相談
サイドビジネス
主婦 融資
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化
ヴィクトリアマイル
selected entries
archives
recent comment
  • 普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)
    リンデル (01/18)
  • 普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)
    ガトリング白銀 (01/12)
  • 普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)
    オリンキー (01/04)
  • 普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/30)
  • 普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)
    こういち (12/25)
  • 普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)
    晶太郎 (12/21)
  • 普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)
    ポロネーゼ (12/05)
  • 普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)
    機関棒 (11/27)
  • 普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)
    れもんサワー (11/22)
  • 普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)
    ゆきぴこ (11/14)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM